nanaco クレジットチャージ ポイント

nanacoへのチャージでポイントが貯まるクレジットカードです。

クレジットカード貯まるポイント対象ブランド
リクルートカード100円ごとに1.2ポイントJCB、VISA、Master
Yahoo!カード100円ごとに1ポイントJCB
セブンカード・プラス200円ごとに1ポイントJCB、VISA
チャージ対象はnanacoカードとnanacoモバイル(アプリ)となり、
使い方の流れは以下です。

1.事前登録
初めて利用する場合はクレジットカードを事前登録します。

・nanacoカード→nanaco会員メニュー
・nanacoモバイル→nanacoモバイルアプリ

からそれぞれ登録します。
登録できるのは本人認証サービスに登録済みのクレジットカードで、
チャージ先ごとに登録可能までの日数が異なります。

・nanacoカード→入会から10日後以降
・nanacoモバイル→新規入会・機種変更から4日後の朝6時以降

2.チャージ金額の指定、受け取り
・nanacoカード
nanaco会員メニューからチャージ金額を申し込みます。
セブンイレブンなどのお店やセブン銀行ATMで残高確認をして受け取ります。
(店舗受け取りは残高確認する旨を店員さんに伝えます)

・nanacoモバイル
nanacoモバイルアプリからチャージ金額を申し込みます。
申し込み後はそのまま利用できます。

nanacoへクレジットチャージをする際の制限は以下です。

クレジットチャージ利用制限
チャージ上限額50,000円
1回のチャージ可能額30,000円(5,000円以上1,000円単位)
利用金額1ヶ月 20万円まで
利用回数1ヶ月 15回 / 1日 3回まで
支払い方法ショッピング1回払いのみ
1ヶ月20万円の利用枠で足りない場合は、

1.nanacoギフトを使う
2.nanacoの使い先を分散する

とするようにしています。

1.nanacoギフトを使う
nanacoギフトはnanacoへのチャージやネットショッピング、オンラインゲームで利用できるサービスです。

セブン-イレブン、イトーヨーカドー、ヨークマート、ヨークベニマルで購入でき、nanacoカード・nanacoモバイルにチャージすることができます。

2.nanacoの使い先を分散する
金額が大きい「税金」支払いで分けるようにしています。

例えば都税の場合、

・自動車税
・固定資産税・都市計画税(23区内のみ)
・固定資産税(償却資産)(23区内のみ)
・個人事業税
・不動産取得税

はクレジットカード支払いが可能ですが、
「住民税」はクレジットカード支払いができません。

この場合住民税はnanacoで支払うなど使い分けることで、
税金が多い方ほどポイントを貯めやすくなると思います。

こちらもおすすめです

普通預金金利が0.1%で業界トップ(メガバンクの100倍)

イオンカードセレクト
持つだけでイオン銀行金利100倍の0.1%
顧客満足度1位(日経金融機関ランキング)
ポイント2重取りも可能→詳細はこちら
楽天カード
楽天証券口座と連携で金利10倍の0.1%
9年連続クレジットカード部門1位
ポイント3重取りも可能→詳細はこちら

nanacoチャージでポイントが貯まる

リクルートカード
常時1.2%の高還元率は業界最高水準
Pontaポイントにも交換可能
年会費永久無料
Yahoo! JAPANカード(JCB)
yahoo!ショッピングで最大還元率4%
Tポイントとポイント2重取りが可能
年会費永久無料

ポイントの独自性が高い

セゾンカード
nanacoと永久不滅ポイントが両方貯まる
即日発行も可能で年会費永久無料
家賃支払いも可能→詳細はこちら
三井住友VISAカード
18歳以上なら職業不問で申込み可能
日本で最初のVISAカード
ゴールドカードにランクアップも可能

webから誰でも申し込めるプラチナカード

ダイナースクラブカード
他ブランドのプラチナカードに相当
すきやばし次郎などの名店会食へ招待
・提携飲食店のコース飲食代1名分無料
予約困難店の予約を代行してくれます

MUFGプラチナカード
最大2,000円相当ポイントプレゼント中
ポイントプログラム(国内1.5倍海外2倍)
海外旅行保険1億円などの高い保証内容
専用コンシェルジュ(24時間365日)